メリーグラシスは足と靴のトータルサロンです。

ゲル・フェイスマスクの実力

  • Date.2018/9/19
  • Category. スキンケア商品・スタッフブログ

Title.ゲル・フェイスマスクの実力

●ゲル・フェイスマスクの実力

 

 

いつもメリーグラシスをご愛顧下さいまして
ありがとうございます。
メリーグラシス生みの親です。
今年の敬老の日は、母と過ごしておりました。

 

 

もちろん母の足元はメリーグラシスの靴。
「やっぱ、あんたのところの靴は履きやすかね~」
と、我が実母。
ささやかな親孝行です(^^)

そんな母へプレゼントをする機会というのは
誕生日やお正月のお年玉代わり等々
あるわけですけれど、昨今のお気に入りは
こちらの「マスク」です。

メリーグラシスではスキンケア商品も取り扱っています。

 

 

 

足元が軽やかになればおのずと行動範囲も広がるもの。

 

 

 

また、メリーグラシスのお客さまの特徴の一つが
美意識がとても高くていらっしゃるのです。

 

 

 

そんな皆様のお役に立てればと
スキンケアシリーズをご紹介するようになりました。

もちろん、私たちも愛用していますので
自信をもっておりますよ。

 

 

チェックの厳しい店長のお眼鏡にもかなったようで
先日は肌真水の一リットルタイプを購入しているところを目撃しました
※詰め替え用になり、かなりお得です。

 

 

 

下の画像は私の私物です。

普段は
朝 肌真水→ベースファンデーション
夜 パックソープ→ナノ金化粧水→美容液(ジェル)

 

 

 

そして
ゆったり気分になりたいとき
肌の底力を即効チャージしたいとき
は、この↓マスクです!

(笑)ワタクシです、身体張りました(笑)

 

 

このマスクをすると、毛穴が縮まったような感じになります(自分比)
アップのワタクシ。
ツタンカーメンのようです(^^;
こうなると恥も何もあったもんじゃあありませんな(^^;

 

 

ちょっと長々と説明になりますが、
ご興味ある方はご一読くださいね。

 

 

このマスクは、お肌に乗せた時点で、
お肌が出している信号と響き合って、
普通のお化粧品ではなかなか届かない真皮層に
確実に届くことができる画期的な商品です。

そのために、真皮層にある、
ハリ・潤い・透明感の素であるコラーゲン
エラスチン等をコントロールする司令塔「線維芽細胞」を
ダイレクトに刺激することができるんです。

 

 

 

今までの「与える」美容で、
お肌表面だけが潤っている事を、
お肌そのものが潤っていると勘違いしていたのですね。

 

 

 

要するに、
怠けて休んでいた「線維芽細胞」を目覚めさせること
このことが、メリーグラシスがおすすめしているスキンケアの特徴です。

 

 

 

そうですね、
身体にあった食事をすることが肌コンディションが整う。
ちょっと時間はかかるけれど、でもしっかりとした土台作りができる。
そんなイメージでしょうか。

 

 

 

みなさまが現在体感していらっしゃるよう
あの凄まじい暑さからグッと秋の風に。

 

 

もしかしたら、今、このブログをお読みのあなたも
「あらっ!目じりのシワガ目立ってるような」
「んんっ!シミが浮き出てきた(・・?」
なんて感じていらっしゃるかもしれません。

 

 

 

今のこと時期だからこそ、オススメしたい「マスク」

集中ケアとしてトライしてみませんか?

 

 

 

さてさて、我が実母に話を戻しますと
プレゼントしたマスクはすぐに試したそう。

 

 

 

どうだった?と質問してみたら

 

 

 

「頬っぺたのとこがすぐに薄くなった」
「5日ぐらいで形がなくなってきたよ」

 

 

 

とのこと。
そう、肌ダメージによって
マスクの吸収率がぜーんぜん違うんです。

 

 

私の場合、比較的コンデイションが良いかな。
なんてときは一日20分で10日はゆうに持ちました。
ふふっ!( `ー´)ノ

 

 

 

ですから、母の
「5日ぐらいで形がなくなってきたよ」
という言葉に 無意味な優越感を感じた瞬間です。

 

 

 

そして、ある日。
私のマスクは3日と持つことはありませんでした( ;∀;)

 

 

このように
ご自身の肌レベルも一目瞭然。

 

 

肌の上に美容液成分が残る商品と
根本的な考え方が違います。

 

じっくりと肌を育てていく。

 

即効的なその場限りの効果ではなく
肌質自体を育てていきたいあなたに
ぜひおすすめいたします。

お問合せは
092-263-3456
メリーグラシスまで。

 

◆ スタッフブログ 毎日更新中 ◆
  • アーカイブ

  • カテゴリー