メリーグラシスは足と靴のトータルサロンです。

こだわり

本当に足のことを考えた靴選びを
お手伝いいたします。

福岡のレディースシューズショップ メリーグラシスは、靴と足のトータルサロンとして、足と靴のトラブルでお悩みのお客様に合った靴をご提供するために、1997年の創業当時からのメリーグラシスならではのこだわりがあります。「履いて快適な気持ちになる靴」にこだわることは当然ながら、お客様と靴を引き合わせるアドバイザーへのこだわりや、靴屋ではなく「靴と足のトータルサロン」として誇り。その全てがメリーグラシスを創りあげています。

sec001

スタッフに求めるもの。それは、
なによりお客様の気持を汲み取ろうとする心の持ち主であること。

一番譲る事ができないのはスタッフの資質。
なぜなら、スタッフの資質が悪ければどれだけ、最上の靴や商品を揃えていても、皆様へ適切にアドバイスすることはできないからです。

当社に入社を希望してくださる方も、おかげさまでたくさんいらっしゃるのですが、まずは私たちの考えに同意をしてくれること。そしてなによりお客様の気持ちを汲み取ろうとする心の持ち主であること。素直なこと。

そんな人材でなければ、たとえ他の靴店で輝かしいキャリアを持っている人でもメリーグラシスではけっして通用しないことが多々あるのが現実です。

靴を売るための靴屋ではなく、どれだけお客様の立場に立てるのか。
昔も今も、人材とその教育に一番力を注いでいます。

そんなフィルターを通ってきたメリーグラシスのスタッフたちは、社会人としての基本的なことは当然とし、プロフェッショナルとしての研鑽を日々怠らずに常に勉強勉強の毎日を過ごしています。

▶︎ アドバイザー紹介へ

policy02

履き心地はもちろん、
お洒落で歩くことが楽しくなるようなデザインの靴を!

現在、世界中から集めた靴をスタッフみんなで実際に履き比べ、靴選びを行っています。
履き心地は当然ですが、お洒落で歩くことが楽しくなるようなデザインの靴を選んでいます。

サイズの20.5~26センチはできるだけレギュラーサイズでそろえるようにし、また他のサイズをお探しの方のためにもメーカーさんにご協力いただきながら、取り寄せるようにしています。

もちろん、革選びから細かな指定まで行うことも。
革の種類や品質も本当に多種多様ですし、耐久性や美しさなどあらゆる角度からこだわります。

とくに、私たちのメリーグラシスオリジナルブランドは、一足の靴に対し、12人もの熟練の職人の方々が丁寧に丁寧に作り上げてくれています。

また、サンプルでOKを出したものでも、実際に入荷をした際に微妙に履き心地が違う場合も発生します。その際は入荷見送り。という厳しい決定も。

なんとうるさい店だろうとメーカーさんたちは思っていらっしゃるでしょうが、自分達の履きたくない靴を、皆様に履かせることはできません。

policy03

プロのスタッフがお客様の足に触れなければ
わからないことがたくさんあります。
そのため、通信販売はいたしません。

遠方のお客様からのご要望が多いのですが、当店にカルテのないお客様の場合、申し訳ありませんがご要望にお答えできかねます。
よく足型を紙に書いて送ってくださったりするのですが、残念ですけれどお客様にぴったりの靴をお送りすることができません。

小さな小さな小石が靴に入っただけでも、不快感を感じてしまうほど、足というのはデリケート。よくコンピューターで足を測ったりしていますが、当店ではまず、アドバイザーが足を触らせていただくことが第一だと考えています。

もちろん、コンピューターをいろいろと導入してみましたが、結局私どもプロであるスタッフが実際にお客様の足を触れなければわからないことがたくさんあります。別の言い方をすれば触れることでお客様の足から多くの情報をいただくことができるんです。

おこがましいですけれど、お医者様が必ず触診をなさることと同じ考えです。

まだ、九州の福岡にしかございませんのでお客様には大変ご不自由をおかけしますけれど、私どもも誠実にお客様と接しさせていただきたいと考えます。
まずは一度福岡までご来店いただきたいと心から願っております。

メリーグラシス ストーリー

私が靴屋をはじめたわけ

はじめまして。靴屋メリーグラシス代表の中村美賀子と申します。

1994年私は色彩を専門としたコンサルタントとして独立をしました。とはいえ、今までのコネがあるわけでもなく、お金も全くない。の“ないない”づくし。とにかく、存在を知ってもらうためにと頭をひねった結果「飛込み営業をしよう!」と決定。

それから毎日営業三昧。お金が本当になかったのでバス代さえももったいなく、ひたすら歩き回る毎日が続きました。

そうすると・・・足が真っ先に悲鳴・・・。
カラーコンサルタントという講師業のため、ピシッとスーツに足元はとうぜんパンプスやハイヒールです。

外見に見栄をはった結果は、確実に足のトラブルに成長してしまったというわけです。
ウソでもなく、本当に靴を手に抱えて歩いて帰ったこと数回。恥ずかしいより痛いほうが勝るものです。

靴屋を作るきっかけとなったできごと

さて、バス代さえももったいない中、なんとか靴代を捻出し、靴屋をまわること数件。

「あのー靴を買いたいんですが、足が痛くてたまらないんです。でも仕事上ちょっとヒールがあってついでにお洒落な靴がほしいんですけど」と申し出ると
「あー、ないですよ。」や「はいはい、今もってきますね~」と目の前に現れた靴は・・・履きたくない・・・どうみてもおばさんくさい。

(私) 「申し訳ないんですが、もっと違うの見せて頂けますか?」
(店員)「あ、ないですね~」

(私) 「・・・」
(ま、ないものは仕方ない。なんでも原因ってものがあるから、それがわかれば自分で靴を改造すればいいわ)

(私) 「あのー、なんで足が痛くなるのか教えていただけないでしょうか?」
(店員)「足が悪いんじゃないですか?」

?!なんだって~!!バカにするんじゃない!
靴屋なら靴屋らしく勉強しなさいよっ!ボーっと突っ立ってるだけなんか給料泥棒じゃないのよっ!
と、タンカを切れたらよかったんだけれど、そのままスゴスゴと退散。

その屈辱をはらすべく(笑)絶対に理想の靴屋を作ってやる! というわけでこの店が生まれたわけです。

わたしたちメリーグラシスの方針

私たちメリーグラシスは「健康で美しい足作り」を目指すため、ただ靴を厳選するだけではございません。

いくら厳選した靴でも、歩き方や姿勢が悪ければ良さを発揮することは難しいし、また反対もしかり。
せっかくのきれいな靴も、魚の目やタコ、むくみや巻爪では台無しですし、当然靴選びのせいで足のトラブルは生まれてしまいます。

そのような自分自身の体験に基づいた考えから、「靴」「ケア」「姿勢と歩き方」という三本柱を決定しました。これは今でも変わることはありません。

「靴」は履いていて楽であることは当然ですが、なによりも女性としてテンションが上がること!ずばり「履くと心がウキウキする、脳みそが喜ぶ靴」と定義しています。靴のデザイン一つで洋服のファッションをあきらめる方が多いこと、ご存知でしょうか?「ああ、素敵な靴ね、履きたいけれど私にはもう無理…」とおっしゃる方に「せっかくご来店下さったのだから、履くだけでもどうぞ」と笑顔でお勧めするスタッフ。おそるおそる足を入れるお客様の顔が輝く瞬間でもあります!「もう、二度とこんなパンプス履けないと思っていたのに、履けるのね!また、スカートが着られるのね!」私たちが、やっていてよかった。と心から実感できる出来事の一つです。

「ケア」とは「足の手入れ」。これは、機能性ソックスや5本指ストッキングをはじめ、厳選したインソールやむくみ対策ソックス、フランス医療で使用されているエッセンシャルオイルなど、足のケアに効果の高いものを多種多様に品揃えしております。

三本柱の最後は「姿勢と歩き方」。どんなに良い靴を履いていても、姿勢が悪ければせっかくの靴の真価を発揮させることはできません。そのために、腹筋や背筋を気軽に鍛えることのできるグッズや歩き方のアドバイスも行わせていただいています。

わたしたちの夢

私たちは、正しく医療とのコラボレーションを行い、義務教育過程で正しい靴の履き方を広め、足のトラブル人口を少しでも減らすこと。を考えています。靴はファッションアイテムですが、限りなく健康に直結しているからです。

ひとつひとつの仕事を丁寧に、そしてあなたにとってなくてはならない足と靴のレディースシューズ専門店になる。
そんな気持ちで私たちは毎日を過ごしています。

◆ スタッフブログ 毎日更新中 ◆
  • アーカイブ

  • カテゴリー